プラセンタサプリで輸血ができなくなると思われているのはなぜ?

プラセンタサプリを摂取しても輸血はできます!
輸血できなくなるのはプラセンタ注射
プラセンタを摂取すると輸血できなくなるというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、実は輸血できなくなるのはプラセンタ注射を受けた場合だけです。プラセンタそのものに原因があるわけではなく、注射という行為に問題があるために、輸血が禁止されています。
プラセンタサプリなら全く問題なし
プラセンタサプリは食品という位置づけなので、摂取したからといって輸血できなくなるということはありません。プラセンタの効果は必要だけど、輸血できなくなると困るという方は注射ではなくサプリで摂取するのがおすすめです。
プラセンタはサプリでも十分効果がある
プラセンタ注射は即効性があるので、早く効果を実感したい場合には便利ですが、デメリットも大きいです。サプリは効果に即効性はないものの、継続すればしっかりと効果が出てきますし、デメリットはそれほどありませんので、プラセンタはサプリで摂取するのが一番でしょう。

飲んでも輸血できるから安心!失敗しないプラセンタサプリの選び方

馬プラセンタを選びましょう!

プラセンタサプリには馬から抽出したものと豚から抽出したものがあります。どちらが良いのかといえば、答えは馬プラセンタです。馬プラセンタには豚プラセンタの数百倍の栄養素が詰まっています。当然のことながら効果にも大きな差がありますから、しっかりと実感したいのであれば馬プラセンタを選ぶべきです。

馬プラセンタの品質にも注目!

馬プラセンタを選んだからもう安心・・・というわけではありません。馬プラセンタであっても品質によって栄養素の含有量が違ってきます。もちろん、効果にも違いが出てきます。馬プラセンタで品質が高いのはサラブレッドから抽出したものです。また、安全性という観点から無農薬の牧草を食べて育ったサラブレッドのプラセンタを使用しているものがベストです。

プラセンタを支える成分が配合されているかにも注目!

プラセンタは単体でも十分に効果がありますが、さらに効果を高めるためには、プラセンタを支える成分が一緒に配合されているものを選ぶと良いでしょう。っぷらせんたと相性の良い成分としては、コンドロイチン・デルマタン硫酸・ヒアルロン酸があります。これらの成分も一緒に配合されているものを選ぶと実感力が違います。

安全性が高くて効果を実感できるプラセンタサプリはこちら

一番おすすめしたいのは「エイジングリペア」です!
品質の良い馬プラセンタを使用
⇒ 最も品質が高いといわれるサラブレッドの馬プラセンタを使用しています。しかも、無農薬の牧草食べて育ったサラブレッドだけを使用しているので、安全性に関しても全く問題ありません。
プラセンタを支える成分を配合
⇒ プラセンタと相性の良い成分であるコンドロイチン・デルマタン硫酸・ヒアルロン酸の全てを配合しています。さらに、美容に効果的なコラーゲンを低分子化して配合しているので、高い美容効果が期待できるところも魅力です。
無添加だから飲み続けても安心
⇒ 香料・着色料・保存料などの添加物は一切使用せず、無添加処方で作られているので、長期間にわたって飲み続けても安心です。品質管理の行き届いた工場で製造されているところも高く評価できます。

高品質な馬プラセンタとコンドロイチン・デルマタン硫酸・ヒアルロン酸を配合しているのは「エイジングリペア」だけ!